【産経オンライン英会話】特徴と無料体験レッスンレビュー

%E7%94%A3%E7%B5%8C%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E8%8B%B1%E4%BC%9A%E8%A9%B11[1]

大手産経グループが運営する英会話、「産経オンライン英会話」は、国内オンライン英会話スクール初のISO認証取得をしている英会話スクールです。産経のネームバリューもあることから名前をご存じの方も多いかと思います。
今回、産経オンライン英会話の無料体験を受けたレビューと共に、スクール情報、特徴などを紹介したいと思います。

産経オンライン英会話

%E7%94%A3%E7%B5%8C%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E8%8B%B1%E4%BC%9A%E8%A9%B11[1]

 

国内オンライン英会話スクール初のISO認証取得。
株式会社産経デジタル・ヒューマンホールディングス株式会社・トランコスモス株式会社の合弁会社である産経ヒューマンラーニングにようオンライン英会話スクールです。

シンプルな料金設定とレベル設定で英会話初心者でも安心してレッスンを受けることができます。

-基本情報-

スクール名 産経オンライン英会話
入会金(初期費用) 無料
教材費 不要
料金制度 月額制・チケット制
その他費用 不要

 

レッスン形態 マンツーマン
受講可能時間帯 月~日 5:00~25:00
授業単位 25分
講師人数 60名程度(フィリピン人講師)
フィードバック レッスン後に講師からレビュー有り
教材 オリジナルテキスト
必要設備 ヘッドセット・Webカメラ(任意)
使用ソフト Skype
支払方法 Paypal(クレジットカード対応)・銀行振込

料金プラン

月額制 毎日25分プラン 5,980円/月
毎日50分プラン 9,800円/月
週末50分プラン ※週末は金土日 5,980円/月
チケット制 プラス15 4,300円
プラス30 7,900円
プラス45 10,800円

※金額表示税込

産経オンライン英会話の特徴

ISO取得

 

産経オンライン英会話は大手企業グループが運営しているため、サービスに安心感があります。その証拠に、国内初のオンライン英会話スクールでISO認証を取得してることが挙げられます。
このISO認証を取得するには、講師、カリキュラム、サービスにおいて高い専門的サービスレベルが求められるのです。

また、無料で使用できるレッスンテキストが豊富です。そのテキストは、ビジネス英語、日常英会話などのカテゴリ、目的、レベル別にテキストを選択することができます。
有料会員になると発音学習のテキストの使用も可能になります。

英語学習は本当に自分の実力が伸びているのかが分かりにくい点が挙げられます。その実力を把握するために、実力判定テストを受けることができます。
このテストで自分の実力が客観的に分かるので効果を測定しやすくなります。

選考をクリアした優秀な講師陣

講師陣

産経オンライン英会話の講師は、5つの選考段階をクリアした優秀な講師です。
・書類選考
・1次面接
(発音、教え方などをチェック)
・指導法のレクチャー
・模擬レッスン
・模擬レッスン(ネイティブによるチェックが行われる)

発音から英語力、指導スキルなどの段階をしっかり選考して採用する講師は厳選されています。
講師の指導力、英語力はもちろんですが、英会話になれていないシャイな日本人でもレッスン、英語を楽しめるように盛り上げてくれる講師もたくさんいます。

無料体験レッスン

産経

~1回目のレッスン~

スクリーンショット 2016-02-13 0.13.29

マイページはとってもシンプル。

講師はフィリピン人女性。
産経オンライン英会話は講師数が多いので、複数名の講師の中から選択できました。

まず、無料体験レッスンを予約する時に、アンケートに回答しなければなりません。そしてレッスンの予約時には、レッスンスタイル、使用テキスト、講師へのリクエストを添えて予約が可能です。
事前に希望を伝えることができるので、レッスンをスムーズに進めることができるので良いですね。

今回の講師をしてくれた方は、どんどんレッスンを引っ張って行ってくれてアネゴ肌と言いましょうか…そういうタイプの女性でした。
間違っている英語などがあると、口頭だけでなく、チャットボックスでも訂正してくれました。口頭で分からない時にもチャットボックスで確認できるので良いですね。

今回、予約時に希望した「TRIAL A 教材」を使用
※産経オンライン英会話では、「TRIAL A」「TRIAL B」の教材があります。

この教材、会員登録をしなくても公式HPでダウンロードできるので、興味がある方は確認してみて下さい。

今回のテキストでは、これからのSkypeレッスンで使いそうなフレーズを学びました。

I can hear you clearly.
I see hear you clearly.
Could you repeat that?
Sorry. I don’t understand.
Could you type that in the chatbox?

オンライン英会話を始めて利用する方には、すぐ使えるフレーズなので覚えておきたい、有益なテキストになります。
オンライン英会話に慣れている方にはちょっと物足りなさを感じてしまうかもしれませんね。

レッスン内容は1レッスンの間で十分に終わるボリュームでした。少し時間が余ったので、テキストに出てきた単語でセンテンスを作り、それを話すという事を余った時間で行いました。

レッスンが終了すると、会員ページで講師からのレッスンレポートのフィードバックがありました。
生徒側からもレッスンの評価をすることもできます。そして、次回のレッスン予約を早速入れて1回目を終了しました。

~2回目のレッスン~

今回の講師はフィリピンの男性講師のDenver先生。この方は産経オンライン英会話おススメの30歳男性講師でした。
ナイスガイな仲良くなりたい講師だったので、テキストを使用したレッスンを希望していたのですが、フリートークでも良かったなと思ってしまいました(笑)

Denver先生は、英語教授法の修士号を取得しているだけあって、訛りもなく英語力が高いことが感じられました。アメリカとイギリスのコールセンターに勤務していたこともあるそうです。
日本の文化、日本食に興味があるらしく、東京や大阪、福岡に行ってみたいと言っていました。自己紹介とフリートークをした後、「TRIAL B」を使ったレッスンを行いました。

このTRAIAL Bは、自己紹介に関するテキストでした。オンライン英会話では、レッスンの初めに自己紹介をする機会は多いので、英会話初心者、オンライン英会話をこれから始める方にはとっても嬉しいレッスンですね。

スクリーンショット 2016-02-11 23.56.38

産経オンライン英会話無料体験はこちら
http://learning.sankei.co.jp/


いきなり有料会員になるのは、個人で合う合わないがあるのでリスクがありますよね。産経オンライン英会話では、無料体験が2回受けられるので、無料レッスンで英会話の楽しさを体験できるのでとってもおすすめです。
いろんな無料レッスンを受けて、自分に合った英会話スクールを見つけていただければと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*